デザインの99%は伝えるデザイン

 あなたは自社やサービスの魅力や存在を誰かに伝えたい、そんな想いからロゴデザインの制作に悩まれているのではないでしょうか。ロゴデザインはグラフィックデザインの分野に含まれますが、かっこよさが全てではなく、「なにか」を「伝える」デザインを行っているに過ぎないのです。そんな素敵な工程をKIWAはお手伝いしております。

ロゴデザインの必要性を問う

 デザインを行う際には、「そのデザインは本当に必要なのか?」を常に問うようにしております。これはデザインのアプローチとして正しいのか、優先順位が高いことなのか、を問うています。
 その結果何もしないことがベストであったり、依頼内容とは違う領域のデザインに取り組んだりすることもあります。解決したい課題をヒアリングし、本質的な課題解決に向けた取り組みをクライアントと行うことを、KIWAは常に心がけております。

KIWAのロゴデザイン

”パーパスドリブンなロゴデザイン”を推進する

 KIWAはクライアントやエンドユーザーの視点からクライアントの価値が上がるデザインを行うことを常に意識して活動しております。ロゴデザインとは、クライアントの向かいたい方向に進むためのツールを作っているに過ぎません。ただ、向かいたい方向が皆さん明確じゃないことも多くあります。その場合はブランディングも同時に構築する必要がありKIWAが「伝える」デザインを全面でサポートすることになります。

具体的な工程

1
ヒアリング / ご発注

– ロゴデザインを行う背景・必要性
– ロゴデザインを起点とするゴール
– 他デザインとの融合可能性

2
打ち合わせ / ディスカッション

– ヒアリング・ディスカッション
– 今回のデザインの狙いの策定
– ロゴデザインに関連する項目共有

3
デザイン作成

– 競合ロゴ整理とマッピング
– ラフ案⇨データ案の制作
– 利用シーンにおけるビジュアル確認

4
プレゼンテーション

– 3案のご提案
– ロゴのストーリーを共有
– 意見の回収とディスカッション

5
料金のお支払い

– デザイン決定後の入金

6
納品

– 提出までの微修正
– ブラッシュ案の提出

ロゴデザインのオプション

  • モーションロゴ制作
  • 著作権譲渡
  • ロゴガイドライン制作
  • ブランドガイドライン制作 etc.

 ロゴデザイン制作の際に、上記のようなオプションもご用意しております。
 HPや印刷物、広告やアプリ表示など様々な場所でロゴを使うことを想定した場合、ロゴガイドラインの制作を推奨いたします。また、BtoBのビジネスをしている企業はロゴデザインの一新と共にブランドガイドラインの制作を希望される傾向があるため、こうした対応も可能でございます。

ロゴ制作のお問い合わせ

 ロゴを作りたい・変更したいタイミングはなにか大きな判断をするタイミングであり、看板としてのロゴだけでなくクライアントのブランドそのものを研ぎ澄ませて考え制作する必要があります。その為、弊社では経営そのものの課題まで遡ってディスカッションすることがあるのもロゴデザインサービスの特徴になります。
 顧客の決断のタイミングに寄り添いながらデザインを丁寧に伝えていきます。現在新型コロナウィルスの影響で経営を見直す企業様も増えていることから、初回無料相談の受付中です。お気軽に問い合わせください。

    Company
    Name
    Mail
    Tel
    Comment